ヴィオラ


(第65回定期演奏会のプログラムより)
 ヴィオラはヴァイオリンより一回り大きい形をした,いぶし銀のような渋目の音色を持つ弦楽器で,普通は客席から見るとチェロの奥で弾いています.よく弦楽器はそのシルエットから女性に例えられますが,さしずめヴァイオリンは溌剌とした若い娘,チェロは妖艶な美女といえます.ところがヴィオラは,糠味噌くさい世話女房とでもいいましょうか,自由気ままにメロディーを歌う他のパートをもり立てるべく,かいがいしく世話をやく(=伴奏する)ことが多いパートであります.そんなヴィオラですが,ときたま着飾ってシャナリシャナリと踊り出ては,普段の彼女を知る廻りの人を驚かせる美しさも持っています.さて,本日の演奏では皆様を驚かすことができるかどうか,乞うご期待.