オーボエ



(第68回定期演奏会のプログラムより)

オーケストラのチューニングの要といえば,オーボエと相場は決まっているようですが,それはオーボエが常に不動の音程を持つから…というのは真っ赤な嘘で,いつも揺れるピッチにオーケストラ全体をつきあわせているのが真相.その微妙な揺れに,またリードの調子にいつも神経質になっているのがオーボエ吹きなのですが,当団の奏者といったら5年物(作ってから5年のリードということ)がいいというK氏やらオーボエはパワーだというI氏,小心者にみえて本番に強いKさん,いまだ正体を明らかにしないSさんなど,いわば既成のオーボエパートを超越した人々といえるでしょう.本日はこの4人が繰り出す個性のぶつかり合い(時には調和)に乞うご期待!!