ISO 茨城交響楽団について
プロフィール

茨城県水戸市を本拠地とするアマチュアオーケストラ。
1960年6月に県内の音楽愛好家が中心となって結成、同年12月に第1回定期演奏会を開催。以後、年2回欠かさず続けてきた定期演奏会の他、県民ふれあいコンサートなど県内各地での移動演奏会や、つくば万博、水戸市制100年記念式典、全国緑化フェア等、茨城の主要イベントに多数出演。市町村や企業からの演奏依頼にも積極的に応じている。
定期演奏会では伊藤恵、長谷川陽子、漆原啓子、小林美恵など日本を代表する国際的なソリストとの共演も多く、多彩で充実した内容により地域の文化振興の担い手の一つとなってきた。
1981年には国内アマチュアオーケストラに対する企業支援の代表とも言えるトヨタコミュニティーコンサートの第1回を全国に先駆けて開催、以来16回の公演実績を持つ。2002年には創立40周年記念事業としてサントリーホール公演を敢行し、山下一史の指揮によりマーラーの交響曲第9番などを演奏。首都圏の観客を魅了した。また、2003年からは、定期演奏会で取り上げることの少ない古典派の曲を中心としたプログラムによる水戸芸術館公演も定着。カール・ライスター、向山佳絵子、木村大、といった顔ぶれとの共演を果たす。
団員総数は約100名。2010年には創立50周年を迎えた。



活動概要

定期演奏会: 年2回(春、秋)
臨時演奏会: 記念演奏会、トヨタコミュニティコンサート、依頼演奏会などを随時実施
練習: 土曜日 18時~21時(会場により練習時間は変わります)

練習会場: 水戸市内 市民センター(公民館)、サテライト水戸、日赤県支部、他